40代主婦 派遣社員のおつかれ日記

15年間専業主婦をやっていましたが主人の突然の転職でフルタイムの派遣社員をやっております。私の目標は毎日穏やかに過ごすことです。

オフコース「はじめの一歩」

懐かしきオフコース「はじめの一歩」を読み返す!!

f:id:midoriaomidori:20180701184516p:plain

 

晩御飯を作り食器を洗ってほっと一息‥。

 

今日の晩御飯です。

f:id:midoriaomidori:20180701184732j:plain

唐揚げは子供が好きなので2週間に1回は作ってます。

 

ショウガをたっぷり効かせて。

 

ところで今日、懐かしい本を見つけました。

 

「オフコースの道/はじめの一歩 オフコースファミリー著」

という本。

f:id:midoriaomidori:20180701185455j:plain

f:id:midoriaomidori:20180701185538j:plain

①の方は小田和正さんと鈴木康博さんそれぞれの生い立ちから二人の出会い、

大学生活、オフコースとしての出発、5人のオフコースになりビッグバンドに成長するまでのストーリーがマニアックに書いてあります。

 

ファンクラブ著ということで身近にいないと知りえないような内容や写真が沢山あります。

 

二人は横浜の名門聖光学院高校出身で、高校の同窓生達が小田さんや鈴木さんオフコースについて思い出話も含め(それがほとんど)熱く語り合う座談会もありこれは本当に

おもしろかったです!

 

②はオフコースがまだまだメジャーになる前「オフコースの小さな部屋」というなんとも暖かそうな、アットホームコンサートを開いていたようですが

VOL.1~VOL.8までコンサートの内容が細かく記録されています。

 

演奏した曲目、ゲストとのトークなどなど‥本当に貴重です。

 

その他のコンサートの日程やオフコースファミリーの会員名簿まであります。

 

ちなみに73年入会にはあの!チューリップの(と思われる)財津和夫さんの

名前があります(*^_^*)

 

すごいな~ほんとに‥。

 

小田和正、鈴木康博という二人の天才の人生について考える40代主婦

この頃の小田さんはまさか自分が今現在のこんな大物に変貌するなんて本当に

思っていなかったと思います。

 

このころのオフコースは自分たちが売れるために媚びたりせずにただただ優れた

音楽を提供することにストイックに邁進していたようです。

 

売れよう!売れたい!というよりも自分たちが納得いく音楽をとことん追求して

いった結果、現在に至る‥ということですね。

 

ほんと素晴らしいです( ;∀;)

 

①の小田和正さんの生い立ちからいろいろ読んでいると、やはり小田さんという

人は若いころから何かオーラというか人を惹きつける何かを持ち合わせていた

人物のような気がしました。才能はもちろん言わずもがなですが。

 

寝る前にもう一度しっかり読んどきたいと思います!!

 

小田さんと鈴木さん‥私はいまだに、ふとした瞬間にフッと二人のことを考えてしまいます。

 

「今二人について考えているのは日本中で私だけよね‥」と思いながら(笑)

 

あのまま鈴木さんが脱退してなかったらどうなっていたんだろう‥とか。

でも脱退したからこそお互い見えたこともあるんじゃないか…とか。

もう二度と聴くことはないと思われる二人のハーモニー。

 

たらればはないんだけれど‥考えずにはいられません(-_-)