40代主婦 派遣社員のおつかれ日記

15年間専業主婦をやっていましたが主人の突然の転職でフルタイムの派遣社員をやっております。私の目標は毎日穏やかに過ごすことです。

オフコースばんざい!!

オフコースの古い音源発見!!興奮気味の私。

f:id:midoriaomidori:20180624193544p:plain

↑↑

こんなノリノリではないですが

今日はのんびりユーチューブなど検索していると

 

昔大好きだったオフコースの古い音源を発見しました。

 

70年代のラジオ公開ライブとやらのようで。

 

「これがライブなの!?」

 

と驚愕するほど演奏の出来栄えが凄すぎ!!

 

また小田さんと鈴木さんの声も若くてほんと~に綺麗!!

 

ハモリが素晴らしい。ハーモニー♪「調べ」って感じ。

 

曲の中盤で二人が高音低音パートに分かれるところなんて、もうたまりませ~ん♪♪

 

オフコースに関する苦い思い出‥。

 

私がオフコースを好きになった時はちょうど鈴木さんが脱退したころでした。

 

なのでひたすら70年代のオフコースを聴きまくりながら

 

新生オフコースが動き出すのを息をひそめてジッと待っていました。

 

そこで発売されたのが「君が嘘をついた」でした。

 

 

「こ、こ、これが‥オフコース???」

 

 

と、悪い意味で驚愕しました。

 

もちろんいい曲だと思いますが期待していたものとは全く違っていました。

 

その後もずっとその路線でした。(だったと思う💦)

 

唯一小田さんらしい曲だなと思ったのが「君住む街へ」でしょうか?

 

そしてだんだんオフコースへの興味が薄れていきました。

 

それから小田さんはどんどん大物になりいまでも大活躍です。

 

小田さんがソロになってからの曲も素晴らしいものがたくさんありますが

 

やっぱり個人的にはオフコースのサウンドを求めてしまうんですよね。

無理なこともわかってますが。

 

色あせないオフコースサウンド♪

今日ユーチューブで発見した音源を聴いて、やっぱりオフコースは鈴木さんがいてこそできた音があったのかな~となんとなく思いました。

 

新生オフコースを聴いたとき小田さんは敢えてファンを裏切るというか、今までのオフコースでないものをみせたいのかな~と当時思ったものですが、鈴木さんが抜けて出せないものもあったのかなと今頃になって納得‥。

 

小田さんのソロはほとんどじっくり聴いてないのですが、ソロで最近いいなと思ったのは「優しい夜」です。

 

久しぶりに聴きました。心にしみる曲。

 

70年代のオフコースのアルバムで大好きなのは「僕の贈り物」「秋ゆく街で」です。

「僕の贈り物」に入っている曲は二人の若さと才能があふれまくっています!

どれも秀逸!

 

「秋ゆく街で」はライブ録音なのですが外国人メドレーが大好きでした。

あと「別れの情景1」のピアノ演奏が素敵なんですよね~アレンジが(#^.^#)

小田さんのキラキラした歌声とバックのピアノを耳をそばだてて当時聴きまくりました!!

 

でもこれずっと小田さんが弾いてると思ってましたが、どうもピアニストの羽田健太郎さんが弾いてたみたいです(;^ω^)

 

ちなみに「別れの情景」には「2」もあって

 

♪木立の中であなたの編んだセーターを着て午後の光を浴びながら~♪

オフコース アルバム「この道をゆけば」曲名「もう歌は作れない」より引用

作詞.作曲 小田和正

 

 って歌詞、なんか頭にすごい残ってます( ´∀` )

 

このユーチューブの音源はしばらくはまりそうです。

 

f:id:midoriaomidori:20180624210232j:plain